MENU

50代が美肌でいるために必要な成分

肌を健康に美しく保つために必須の成分とは?



肌がキレイな人はそれだけで実年齢よりも若く見えると言われています。

20代の頃から同じ化粧品を使い続けているという人はいないと思いますが、年齢に応じで必要な成分を化粧品で補ってあげることが美肌を保つ秘訣とも言えます。
では50代の肌がイキイキと美しくあるためにはどのような成分を補えばよいのでしょうか。


エイジングケアのための美肌成分といえば、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの成分を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし、これらの成分も肌が健康でなければ十分な効果を発揮することができません。

 

敏感肌に傾いた状態や荒れた肌ではこれらの成分をしっかりと肌に浸透させることができないからです。
健康な肌を作り出すベースとなってくれる成分といえば、セラミドです。


セラミドは細胞間脂質と呼ばれる成分で肌の表面の角質細胞の隙間を埋める役割を果たしています。
セラミドが十分な肌はキメが整っているため、それだけで若々しく見せることができます。


またセラミドで満たされた肌は潤いを保つ力も十分に備わっているため、バリア機能も正常にはたらき、外部からの刺激にも強くなります。
しかし通常のセラミドは分子が大きく、肌表面の角層に留まるのみで、肌の奥までは浸透しないと言われてきました。


敏感肌のためのアンチエイジング化粧品、ディセンシアのアヤナスには肌の奥まで浸透させることができるセラミドナノスフィアを配合、いままでのセラミドを配合した化粧品よりも肌にしみ込みやすくさせることに成功しました。
また肌が荒れたり、敏感になることを防ぐ効果が期待できるコウキエキスや肌がコラーゲンを作り出すのをサポートする成分、CVアルギネートをプラスすることでセラミドで元気になった肌をより若々しい肌に導いてくれます。


50代の肌はむやみに美肌成分を与えるだけでは応えてくれません。
肌を健康にしながら、自ら持つ力を底上げしてくれる成分を配合したコスメを選ぶようにしましょう。