MENU

見た目年齢はどこで決まる?

若いころからの積み重ねが肌に出やすい50代



40代〜50代になると、同じ年齢でも見た目年齢が若い人と、実年齢よりも老けて見える人にはっきりと分かれてくる傾向があると言われています。
この違いはどこから来るのでしょうか。


見た目の肌年齢は生活習慣や、それまできちんと肌のお手入れを続けてきたかどうかによって違ってきます。
若いころから紫外線を無防備に浴びてきた、夜更かしや徹夜など不規則な生活をしてきた、外食がちで栄養がかたよった食事を続けてきた...こんな場合、どうしても肌は同年齢の人よりも早く衰えてしまいます。


お手入れの差についてはどうでしょうか。

紫外線を浴びないようにUVケアと美白ケアを地道に続けてきた人や保湿を怠らなかったという人はやはり年齢よりも若く見られることが多いようです。


実際に30代、40代に「本当に効いているのかしら?」と思いながらも地道にアンチエイジングケアを続けてきたという人が、50代になって周りよりも自分の肌が若々しいことに気がつき、スキンケアの効果を実感する...ということも少なくないのです。


逆に若い頃から全く肌トラブルを経験していない美肌の持ち主が50代になって突然しわやたるみに悩み始めるということもあります。
元の肌がキレイだとついつい紫外線対策や保湿ケアを怠りがちです。
気がつかないうちにじわじわ進んでいた老化が50代になって突然表面化することもあるのです。


50代になったら、これまでと同様、特にトラブルがなくても紫外線ケアと保湿ケアは必ず続けるようにしたいもの。
年齢肌のためのディセンシアのアヤナスシリーズなら敏感肌の方だけではなく、健康な肌の方が使っても手ごたえを感じられる化粧品として人気が高まっています。

 

美しい60代を目指して毎日ていねいなお手入れを続けていきましょう。