MENU

加齢とともに肌が敏感になりやすい理由

女性ホルモンやセラミドの減少も大きな原因です。



若い頃はどんな化粧品を使っても大丈夫だったのに、50代になってから肌が荒れやすくなってきた...と感じることはありませんか?


最近、季節の変わり目や疲れやストレスを感じたときなど肌がゆらぎやすくなる女性が増えていると言われています。
また、吹き出物やかぶれのような症状を起きるという人もいるかもしれません。
このように加齢ともに肌が敏感になる理由について考えてみましょう。


50代になると生理不順やホルモンバランスの乱れなどの更年期障害の症状に悩まされる人が増えてきます。

 

キレイな肌を保つ女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することにより、吹き出物ができたり湿疹のようなかゆみを伴う肌荒れを起こす方もいます。
ひどい場合は化粧品の成分や汗、自分の髪の毛が触れてもかぶれてアレルギーのような症状が起こる場合もあるようです。


また新陳代謝が低下することにより肌は乾燥しやすくなります。
肌が乾燥すると、うるおいを保つ成分セラミドが減少し、外からの刺激により反応しやすくなってしまいます。
いままで使い続けてきた化粧品で肌荒れを起こすこともあるかもしれません。


50代になったら化粧品は真新しい美肌成分を試すような攻めのケアではなく、肌を落ち着かせて本来の力を底上げしてくれるような守りのアイテムを選ぶべきでしょう。

効果がスローなイメージのある敏感肌化粧品が多い中で、ディセンシアのアヤナスは肌をすこやかに保ちながらアンチエイジング効果が確かに実感できるシリーズとして話題を呼んでいます。

なんとなく肌がいつもと違う...そう考えたら、化粧品も見直してみる必要があるかもしれません。